しみBlemish

しみ・そばかすでお困りの方へ

しみ・そばかすでお困りの方へ

しみやそばかすは、表皮の一番下にある基底層で作られるメラニン色素が沈着してしまったものですが、その原因には様々なものがあります。 たとえば、加齢によるもの、怪我や火傷などからの色素沈着、お肌に合わない化粧品などの化学物質、日常生活の乱れやストレス、遺伝などがその要因として挙げられます。 特に女性のお肌はデリケートで丁寧にケアする必要がありますが、近年では、男性でもお肌を気にする方も増えてきています。 まずはしみがどんなことからできてしまうのか、その種類やメカニズムを理解して、必要な対策をとり、美しい素肌を保つようにしましょう。

しみの種類

老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)

一般的に「しみ」といわれるもので一番多いタイプです。紫外線の影響を受けやすい顔、手の甲、腕などに好発し、色は淡褐色から濃褐色です。大きいものは数cmまで拡がることがあります。

肝斑(かんぱん)

額、頬、鼻の下、目元、口の周りなどに左右対称にできるのが特徴のしみで、くすみとして認識されていることがあります。30~50代の女性にできやすいと言われています。また、妊娠中や更年期、ピルの使用によりホルモンバランスに変化があったときに発生しやすいです。 発症のメカニズムはまだはっきりしないことも多いのですが、女性ホルモンが影響していると言われています。

雀卵斑(じゃくらんはん)

雀卵斑はいわゆる「そばかす」で、両頬や鼻周り、肩、背中などに小さな点状の淡褐色のしみが多数できます。小鳥の卵の模様に似ていることからこの名前がついています。雀卵斑もメラニン色素が過剰生産され皮膚に沈着することで発症しますが、その原因としては、遺伝的な要素が強く関係しています。肌が色白であったり、地毛の色が明るい方に発症しやすい特徴があります。

炎症性色素沈着(えんしょうせいしきそちんちゃく)

傷痕、やけど跡、にきび跡、湿疹の跡など、皮膚で炎症が起こった時に、メラニン色素が過剰に作り出されて、体外に排出されず、色素沈着したものです。摩擦や紫外線の影響を受けます。お肌が生まれ変わるターンオーバーによって1年くらいで自然に消えていくことが多いのですが残ってしまうこともあります。顔よりも体、四肢の方が、色素沈着が消退するまでの時間がかかります。

脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう:老人性いぼ)

皮膚から盛り上がった、淡濃褐色から濃褐黒色の良性皮膚腫瘍です。老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)または老人性いぼと呼ばれることもあります。 お顔や体によく見かけるできものです。あまり盛り上がっていないものはしみと同じようにみえ、しみ治療と同じように治療できます。大きく盛り上がってしまったものは、炭酸ガスレーザーや手術など他の方法で除去します。

当院の治療法

LUMECCA (ルメッカ)

ルメッカは、光治療器=IPL(Intense Pulsed Light)です。レーザー大国、イスラエルで開発された最先端の機械になります。 最先端とされる理由は、メラニン色素等に作用する波長光線域の違いにあります。

  • 多くのフォトフェイシャル治療機器(M22など)では、やや長めの波長光線域に照射が集中しやすく、メラニンやヘモグロビン等に最も有効とされる500〜600ナノメートルの波長光線域は、わずか15%程度の照射効率にとどまります。これに対してルメッカは、同じ波長光線域で40%まで照射効率が高まります。
    そのため、通常のIPLよりもハイパワーで、1回あたりの治療効果が高いものになっています。目安として、通常5回の治療を要するところ、3回程度の少ない治療回数で症状改善に導きます。
  • 隠れたシミ、今まで反応しなかった薄いシミに対しても、効果を発揮します。さらに、赤みに対しての治療が同時にできるという特長があります。お顔の色むらや酒さによる赤み、ニキビ跡の炎症後紅斑などが改善されます。毛細血管拡張の治療を通じて、シミの再発を予防する効果もあります。
    • 光と熱の作用によりコラーゲン線維やエラスチンの再生が促されるため、肌全体に若返り作用をもたらし、開いた毛穴を改善します。

その他の特長

  • パルス幅(パルス幅とは光の照射時間)が他のIPLよりも短いため、ピンポイントでターゲットを狙った治療が可能です。
  • 強力なクーリングシステムが搭載され、施術中の痛みが軽減されます。
  • ハンドピースが大きく、少ない照射回数で治療可能です。

効果

  1.   しみ、雀卵斑 
  2.   赤ら顔、酒さ、ニキビ跡の赤み
  3.   お肌の若返り

料金

  税込(円)
全顔

33,000円/回

両手背 22,000円/回

導入キャンペーン    (7月12日 〜 10月31日)

  税込(円)
全顔

27.500円/回

両手背

17,500円/回

SPECTRA (スペクトラ)

SPECTRA532nm(KTPレーザー)と1064nm(Nd:YAGレーザー)の2種類のショートパルス(短波長)を搭載しており、しみ、あざ、刺青の除去などに使います。 1064nmの波長はお肌の深い部分までレーザーが届きますので、従来レーザー治療が難しかった深い部分のしみやあざに対応できるようになりました。 一方、532nmの波長は、表皮に作用してメラニン色素の沈着を弱める作用があります。Qスイッチとは、非常に短い時間のパルスを発生させる仕組みで、弱い出力でもその出力の数倍に上る効果を発揮することができます。SPECTRAは、Qスイッチレーザーの中でも照射時間が短く、高いピークパワーを持つため、周囲組織への熱ダメージを防ぎ安定した治療効果と安全な施術を両立します。 また、レーザートーニングの機能が搭載されており、低出力でありながら、適切に照射することで肝斑治療に効力を発揮します。 しっかりした表皮のしみには、照射範囲を絞り込んでピンポイントで患部にだけレーザー光を照射することができます。 ロングパルスレーザー(msec)も搭載しており、真皮のコラーゲン生成を活性化します。しみの他に毛穴やにきび痕などの美肌治療に使用することでき、これらを同時に施術することも可能です。

表在性色素斑 532㎚ 老人性色素斑(しみ)・雀卵斑・扁平母斑・脂漏性角化症など
深在性色素斑 1064㎚ ADM後天性真皮メラノサイトソーシス・太田母斑など(保険適応外)
トーニング 肝斑・PIH(色素沈着)治癒促進
美白・肌質改善レーザー よりしっかりとレーザーを照射することでお肌のシミ治療、トーンアップをはかります。
ロングパルス(msec)Nd:YAGレーザを照射することもでき、お肌の肌質改善、毛穴やにきび痕などの美肌治療を行います。
美白と肌質改善レーザーを同時に施術することも可能です。

施術後のご注意点

表在性・深在性しみスポットレーザー

施術後は、患部の保護のためのテープを貼っていただきます。このテープをつけたまま施術当日から洗顔や入浴が可能です。治療前後は日中はしっかりと日焼け止めを塗っていただき、また保湿も十分に行ってください。
施術後患部にかさぶたができてきます。このかさぶたを無理に剥がすと跡になったりしますので、保護テープを貼って、自然に剥がれるのをお待ちください。
かさぶたがはがれるまで、個人差はありますが、およそ7~14日程度かかります。

トーニング、美白・肌質改善レーザー

施術後はすぐにお化粧をしていただくことができます。 日中はしっかりと日焼け止めを塗っていただき、また保湿も十分に行ってください。 治療間隔は2~4週間毎です。

エレクトロポレーション

ケアシス

45℃から-20℃まで調節しながら、高分子の薬剤を導入できる「クライオエレクトロポレーションシステム」を採用しています。エレクトロポレーションとは短い電気パルスを流すことにより、数秒〜数分間角質細胞の細胞膜に電気的な「穴」を開けた状態にし、その時間内に薬剤を肌の奥まで導入する治療です。
痛みは治療後の赤みなどのダウンタイムがありません。また、従来のエレクトロポレーションと比べ、冷却を加えることで血管が収縮し、導入した薬剤が皮膚に長時間止まるため、効果をさらに発揮できます。

エレクトロポレーションエレクトロポレーションエレクトロポレーションでは角質の隙間を通って浸透していた薬剤が直接「穴」を通って浸透していくため、イオン導入の約20倍の量を、また高分子のため浸透させにくかった薬剤を針で注射することなく導入できます。
当院では、神経幹細胞から抽出された7つの成長因子とペプチド、塗るボトックスと呼ばれているアルジルリン、抗酸化剤であるイデベノンを含んだ薬剤や、肝斑の治療に効果があるトラネキサム酸を含んだ薬剤を導入します。
レーザー後の鎮静や、ほかの治療と併用することで相乗効果があります。

ビタミンA システム化粧品

当院では、GAUDI SKINを採用しております。日本人の医師が、日本人のために考えたスキンケアシリーズです。

トレチノイン・ハイドロキノン療法

ケミカルピーリング

ケミカルピーリングとは、お肌の表面の角質層を、主に酸性の化学物質を使うことによって一時的に溶かして、お肌自身がもつ自己治癒能力を活性化して、うるおい・張り成分の分泌を活性化し、新陳代謝を盛んにしてお肌のターンオーバーなどの乱れを整えていこうとするものです。 ケミカルピーリングによって、お肌のざらつきや小じわ、くすみ、毛穴の開き、にきびやにきび跡などを改善したり、毛穴に詰まった汚れを除去するなどの効果が期待できます。 また、繰り返し治療を受けることによって、皮脂の過剰分泌なども治まり、にきびなどができにくい体質を作ることも可能です。 さらに、新陳代謝のサイクルが整うことによって、不要な角質は剥がれやすくなり、お肌のきめが整うことで、毛穴が引き締まり、みずみずしい肌になったり、くすみが取れて美白に繋がる効果があります。 患者様の状態によって個人差はありますが、まず2~4週間に1回程度の治療を継続することで高い効果を得られます。

 

サリチル酸マクロゴールピーリング

ケミカルピーリングに使用する薬剤としては、グリコール酸、トリクロロ酢酸、サリチル酸などの酸性の物質が使用されています。本来日本人の肌にはグリコール酸が優しく、合っているといわれていました。一方で、サリチル酸は角質の軟化能力と融解能力が非常に高いのですが、エタノールと混ぜて使用していたため、効果は高いものの刺激が強く、痛みや発赤などが生じやすいという欠点がありました。 そこで、サリチル酸の効能の高さをそのまま利用しながら、刺激を減らす方法として、基剤にマクロゴール(医薬用ポリエチレングリコール)を利用した新しいケミカルピーリング剤が生まれました。これが、サリチル酸マクロゴールピーリングで、マクロゴールを基剤として使用することで、サリチル酸が皮膚深部にまで浸透せず、角質層だけに働くため、高い効果はそのままに、安全性の高い治療が行えるようになりました。

施術後のご注意点

施術直後からメイクが可能です。
施術後しばらくは日焼けしやすくなりますので、日中どうしても外出の必要があるときはしっかりと日焼け止めを塗って、日焼け対策を徹底してください。
また、お肌が乾燥しやすい状態がしばらく続きますので、保湿クリームなどで十分な対策をとってください。

同意書のダウンロード

未成年者の治療につきましては、保護者の同意書が必要になります。下記よりダウンロードの上、お持ちください。

keyboard_arrow_up