にきび(にきび跡)Acne Scars

にきび・にきび跡の治療方針

にきびに対しての治療方針

にきびに対しての治療方針

にきびができる原因は、皮脂の過剰分泌によるもの、ホルモンバランスの変化によるものなどです。また、にきびの状態もお肌に少し盛り上がったもの、赤みがさしてぷっくりとしたもの、腫れて先端に黄色い膿のようなものが見えるなど様々あります。
にきびを悪化させず、しっかりと治すことが難しくなってきます。
現在では、にきびができるメカニズムなどもだいぶ解明されてきて、治療も健康保険適用のものから、美容診療まで、様々なメニューがあります。にきびでお困りのことがありましたら、お早めに当院にご相談ください。

にきび跡に対しての治療方針

にきび跡は、にきびが悪化して化膿し、皮膚がやぶれて内容物が漏れ出し、傷痕になって残ってしまったものです。にきびができなければ、当然にきび跡もできませんので、にきびを作らないことが一番の予防なのですが、それは難しいことです。
特に、自己判断で、誤ったにきびケアをして悪化させるケースも多く、まずはにきびが繰り返しできるようなら、早めに専門医にご相談いただくことが一番です・しかし、どうしてもできてしまったにきび跡は大きなお悩みになります。
傷痕の治療と同様、にきび跡の治療は大変難しい部分があります。特に重症のにきび跡はなかなか完治させることが難しいのですが、近年では、治療法も増えてきており、かなり目立たなくすることも可能になってきていますので、まずは当院にご相談ください。

保険診療と美容診療

保険診療での治療

にきび治療で当院を訪れる患者様は、10~20代前半の方がほとんどです。そのため、当院では、まず健康保険の範囲内での治療をお勧めしています。
同じにきびといっても、炎症のないもの、炎症をおこしているもの、傷痕になっているものなどで治療法は異なりますが、基本的には、表皮の新陳代謝を促したり細菌の繁殖を抑えたりする外用薬(塗布薬)、抗菌薬やビタミン剤、ステロイド薬などの内服を中心に治療を行います。特に近年はにきびに高い効果を発揮する薬も開発されています。また、女性の患者様で生理前ににきびが悪化することの多い方には、漢方薬をお勧めすることもあります。
とにかく、にきびは悪化させないことが大切ですので、こうした治療の他に、スキンケアの方法、食事や日常生活の注意など、生活指導も同時に行っていきます。

美容皮膚科ならではの治療

どうしても、保険治療だけでは十分な効果が出ない患者様もいらっしゃいます。そんな方には、それぞれのタイプにあわせて、ケミカルピーリングやレーザー治療などの施術や健康保険適用外の効果が高い外用薬などの処方といったメニューを用意しており、ご本人または保護者の方の同意を得た上で、美容医療ならではの対応をいたします。あわせてスキンケアや生活上の注意などの指導も行っておりますので、お気軽にご相談ください。

にきびの種類

  1. 赤みはないが、毛穴がつまった状態(白にきび・黒にきび)
    にきびの初期の段階には、毛穴に皮脂が詰まって発疹の状態になっています。皮膚は閉じた状態で、発疹の頭が白っぽく見えます。この状態を白にきびとも言います。ここから少し進行し、毛穴が開いてきて詰まった皮脂が酸化すると黒っぽくなり黒にきびになります。どちらもまだ炎症を起こしていませんので、炎症にならないよう、詰まった老廃物を取り除きスキンケアを行うことが治療のポイントです。
  2. 赤みの強い炎症にきび(赤にきび)
    詰まった皮脂に外部から侵入してきた雑菌や、お肌に常在するアクネ菌などが感染して、炎症を起こし始めるとにきびの先端部が赤くなってきます。この段階が赤にきびで、炎症性挫創とも言います。この段階になると、さらに悪化させてにきび跡にならないよう、炎症を鎮めるためにできるだけ早く治療を行う必要があります。
  3. 赤みが少し落ち着いてきているにきび
    赤にきびは、少し落ち着いてきてもまだ皮膚に赤みが残ってしまうことがあります。この場合、まだ少し炎症が残っていて、放置すると再発することもありますので、しっかりと治しておく必要があります。
  4. 赤みは落ち着き、色素沈着が多くなってきている状態
    赤にきびの炎症が治まった後に、炎症が強かった部分に色素が沈着し、しみのような褐色の状態になることがあります。個人差はありますが、一般的には数か月で薄くなっていきます。しかし、紫外線の影響を受けやすいため、患部の紫外線対策が重要です。
  5. にきび跡になっている状態
    炎症が真皮まで達してしまうと、にきび跡は皮膚がへこんでクレーター状の瘢痕となってしまいます。この状態になると、治療は大変難しくなり、ほとんどの場合美容医療での治療となります。

にきびの治療

塗布薬

塗布薬内服薬と同じ働きをする外用薬を使用することが多く、皮脂の分泌を抑える薬、新陳代謝を良くする薬、抗菌薬、抗炎症薬などを処方します。患部だけに塗る薬や、顔全体にローションのように塗る薬などの種類があります。基本的には洗顔してお肌を清潔ししてから塗布します。


内服薬

内服薬にきびは、炎症を起こして重症化するほど治療が難しく、保険適用治療の選択肢も少なくなってしまいます。そのため、できるだけ早いうちに治療を開始することが大切です。 保険治療の範囲では、早い段階で、皮脂の分泌を抑える薬やホルモンバランスを整える薬などを使用し、炎症が起こっていたら抗菌薬や抗炎症薬、ビタミン薬などで対応します。 また、患者様の体調や体質などを考慮し、漢方薬を処方することもあります。

ケミカルピーリング

ケミカルピーリングケミカルピーリングとは、化学的な力で、皮膚の表面の角質層を溶かして取り除いて、にきび跡の改善を促すものです。その他にもお肌の新陳代謝を活性化する効果によって、肌荒れや毛穴の開き、くすみや失われた張りを取り戻す効果などが期待できます。 主に、サリチル酸マクロゴールを薬剤として使用しますが、患者様それぞれにあわせて最適な薬剤配合に調整して施術を行います。そのため、敏感肌の方でもケミカルピーリングを行うことができます。 特に、にきび跡の治療では、深い部分までのピーリングを何度か行うことによって、クレーター状のへこみを徐々になだらかにしていきます。また、ピーリングによる新陳代謝によって沈着したメラニン色素の排出も促しますので、にきび跡の色素沈着にも有効です。

にきび跡の治療

LUMECCA (ルメッカ)

ルメッカは、光治療器=IPL(Intense Pulsed Light)です。レーザー大国、イスラエルで開発された最先端の機械になります。 最先端とされる理由は、メラニン色素等に作用する波長光線域の違いにあります。にきび跡の赤み治療

 

  • 多くのフォトフェイシャル治療機器(M22など)では、やや長めの波長光線域に照射が集中しやすく、メラニンやヘモグロビン等に最も有効とされる500〜600ナノメートルの波長光線域は、わずか15%程度の照射効率にとどまります。これに対してルメッカは、同じ波長光線域で40%まで照射効率が高まります。

  • そのため、通常のIPLよりもハイパワーで、1回あたりの治療効果が高いものになっています。目安として、通常5回の治療を要するところ、3回程度の少ない治療回数で症状改善に導きます。
  •  
  • 隠れたシミ、今まで反応しなかった薄いシミに対しても、効果を発揮します。さらに、赤みに対しての治療が同時にできるという特長があります。お顔の色むらや酒さによる赤み、ニキビ跡の炎症後紅斑などが改善されます。毛細血管拡張の治療を通じて、シミの再発を予防する効果もあります。
  • 光と熱の作用によりコラーゲン線維やエラスチンの再生が促されるため、肌全体に若返り作用をもたらし、開いた毛穴を改善します。

その他の特徴

  • パルス幅(パルス幅とは光の照射時間)が他のIPLよりも短いため、ピンポイントでターゲットを狙った治療が可能です。
  • 強力なクーリングシステムが搭載され、施術中の痛みが軽減されます。
  • ハンドピースが大きく、少ない照射回数で治療可能です。

効果

  1. しみ ※肝斑には照射できません
  2. 赤ら顔、酒さ、ニキビ跡の赤み
  3. お肌の若返り

料金

  税込(円)
全顔 33,000円/回
両手背 22,000円/回

導入キャンペーン   (7月12日 〜 10月31日)

  税込(円)
全顔 27.500円/回
両手背 17,500円/回

INFINI (インフィニ)

高周波(1MHz)を生体組織に与え、細胞内のイオンを陰極から陽極まで、陽極から陰極まで、1秒に100万回ほど振動させ、発生する熱により起きる組織の熱凝固を利用します。
緩んだコラーゲン・エラスチン線維の即時収縮作用、線維芽細胞への熱作用や、新たなコラーゲン・エラスチンの生成・再構築作用により『即時タイトニング効果』と『長期的なリフトアップ効果』をあたえます。
下図のようにさまざまな深さに針を刺入し、深部に高周波を入れて治療を行います。INFINI


ニードルRF

ニードルRFは、お肌に極細のニードル(針)を刺して、その先端から高周波を真皮層に照射する治療です。 お肌に極細の針穴をあけることによって、お肌が自然にもっている創傷治療効果を活性化することで、コラーゲンなどが産生され、瘢痕であるにきび跡の改善効果が期待できます。 また、真皮層にRFによる熱刺激をまんべんなく与えるとこで、コラーゲンやエラスチンなどを増産して、瘢痕の基底からにきび跡を改善していくという二重の効果が期待できる治療法です。さらに、内側からの活性化によって、お肌のターンオーバーの改善も促され、毛穴への皮脂詰まりなど、にきびの根本原因から軽減していくことが可能です。 レーザー治療では、肌のどの程度まで影響を及ぼすかは、あまり細かく調整できませんでしたが、ニードルRFでは、0.1mm単位でRFを照射する深度を調整できます。そのため、にきびやにきび跡の状態にあわせて、お肌の内部を活性化することが可能になります。目的の深さにニードルを挿入することで、肌表面に大きな傷をつけることなく、色素沈着も抑えた形で治療を行うことが可能になりました。

同意書のダウンロード

未成年者の治療につきましては、保護者の同意書が必要になります。下記よりダウンロードの上、お持ちください。

keyboard_arrow_up